AWSとレンタルサーバーの違いを比較!AWSが向いているWebサイトとは?

こんにちは。「SiteCloud」コンサルティングチームの西原です。

サーバーには、クラウド、オンプレミス、レンタルサーバーなど様々な種類があります。目的や規模、使い方によってサーバー選ぶことが求められます。しかし、最適なサーバー環境の判断を行うことが難しい場合もあります。ここでは、クラウドとして主に利用されるAWSとレンタルサーバーの基本的な違いについて触れていきます。

AWSについて

AWSは、Amazon.comが提供しているクラウドの代表的なサービスで、175以上の豊富で高度な機能を有し、スタートアップからグローバル企業まで、世界中に何百万ものアクティブユーザーと数万のパートナーを有しています。クラウドコンピューティングの中でも最高レベルのセキュリティを持っており、軍隊やグローバル銀行など、機密性の高い組織も導入しています。

レンタルサーバーとの違いとは?

一般的にレンタルサーバーにおいて管理はベンダーが代行しています。そのため、専門的な知識は必要としません。一方、AWSは利用者がサーバーを構築、管理、運営していくため、ある程度の専門知識が必要になります。さらにいくつかの観点からレンタルサーバーとAWSの違いをみていきます。

導入費用

まず「導入費用」について、レンタルサーバーは導入費用がかかります。AWSは、仮想サーバーのため導入費用は発生しません。基本的に従量課金制となっており、使用した分だけ料金がかかる仕組みになります。AWSは、導入コストがかからず、すぐに始められるというメリットがあります。

運用コスト

「運用コスト」でみていくと、レンタルサーバーは月額・年間契約などがあり、基本的に毎月決まった料金を支払います。AWSは、様々な機能を組み合わせて構築しますが、その機能やサービスの容量、使用時間などでそれぞれに発生した料金の合計を支払います。運用コストは、レンタルサーバーと比較すると高めになります。運用コストは、その月ごとで変動するため、プログラムを理解していないとかかる料金が読みづらいという特性があります。導入前に試算し、どちらが運用しやすいか、コストが抑えられるかを考えながら選ぶ必要があります。

回線速度

「回線速度」でも大きな違いがあります。レンタルサーバーは複数のユーザーで1つのサーバーを共有するため、負荷がかかるとユーザーすべてに影響する可能性があります。AWSは、共有していないためサーバーは影響を受けることがなく、回線速度が落ちることはありません。

サーバーの運用

「サーバーの運用」について、レンタルサーバーはベンダーが管理を行うため運用業務が発生しません。一方、AWSはサーバーを構築、管理するのがユーザーであるため、サーバーの運用業務が発生します。トラブルが発生した場合は、ユーザー側で解決する必要があります。サポートを受けることは可能ですが、代行ができないため、スキルを持った人材がいることが望ましいと言えます。

AWSが向いているWebサイトとは?

AWSの利用に向いているWebサイトには、次のようなものがあります。

まずは、「コーポレートサイト 」です。企業のWebサイトでは、常にアクセスできる状態が望ましく、アクセス状態によっては売上などに影響します。他のユーザーと共有するレンタルサーバーは、アクセスに影響を受けてしまう可能性があるため、クラウドサーバーが適していると言えます。

「ECサイト」もクラウドがおすすめです。ショッピングサイトなどのECサイトは、ページの検索や情報入力などデータベースが必要で、データ容量が多いとレンタルサーバーでは読み込みに時間がかかってしまいます。また、回線速度によるユーザーの使いやすさや快適性は、ECサイトにとって売上の重要なポイントとなります。クラウドサービスであれば、高速に動作するSSDを利用することができるため、最適と言えます。

さいごに

レンタルサーバーと比較して、AWSなどのクラウドサーバー利用は難しいと思われがちですが、セキュリティの強化、サービスの連携など、企業独自の特性を活かすことも可能で、個人からグローバル企業まで幅広く活用されています。その中でも特に規模が大きく、アクセスの増加が見込まれるサイトは、クラウドでの利用が望ましいと言えます。ただし、課金制のため運用費が読みにくく、専門知識を必要とします。ITスキルを持つ専門家がいない場合は、クラウドサーバーの構築と運用保守を代行する会社にお願いする方法もあります。いずれの場合もサーバーの導入を検討する際は、しっかりと目的を持ち用途に応じて最適なサービスを選ぶことをお勧めします。本稿が見直しや検討の参考になれば幸いです。

サーバーにおけるクラウド・セキュリティのことなら、私達にご相談ください。

私たちは、Webサイトに必要な クラウド・CMS・セキュリティ対策 を提供するプラットフォーム「SiteCloud」を提供しています。豊富な知見を活かし、企業が管理・運営するWebサイトの安全なサーバー環境をご提案します。Webサイト管理・環境・セキュリティでお悩みの企業の方は、お気軽にご相談ください。

関連する解決策

最新記事

人気の記事

タグ

詳しい資料をご覧いただけます

SiteCloudのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
SiteCloudの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード
             

【無料診断実施中】サーバーセキュリティ診断

経験豊富なセキュリティ専門技術者が、サーバーの状況を診断して、分かりやすい診断結果と今後の対応策をご覧いただけます。

無料サーバー診断申し込み
close