自由度が高い!AWSのWord Press導入利点とコスト削減とは?

こんにちは。「SiteCloud」コンサルティングチームの西原です。

Webサイトの立ち上げに伴いWord Pressを導入する際、サーバー利用の選択肢は複数あり、稼働するWebサイトの目的や役割、必要とされる環境条件などによって検討されていることと思います。

  • 自社のオンプレミスサーバを利用する
  • レンタルサーバを借りる
  • AWSを利用して、インスタンス(仮想サーバ)を作成する

上記の中でも、AWSを活用した方法は数分でサーバーを構築することが可能なことや、セキュリティ対策やスケーラビリティに関連した様々なサービスが提供されており、要件に応じた環境構築が行え自由度が高くAWSでWordPressを導入する機会が増えています。本記事では、AWSでWord Pressを利用する利点と導入時の考慮内容について触れていきます。

AWSでWord Pressを利用するメリット

Word Pressの環境構築には、レンタルサーバーやオンプレミスのサーバーを利用する方法など複数選択肢がありますが、その中でもAWSを利用した環境構築は、他の方法と比べ複数メリットがあります。

スケーラビリティで自由度が高い

Word Pressで現状より多くのインスタンス容量が必要になった場合にはオートスケーリングを利用し、アクセス数に応じてインスタンスの容量を柔軟に増減できます。増減は、必要な分だけ行うことが出来るので、余分なコストに発生を防ぎます。

例えば、キャンペーンやイベントなどで一時的にアクセス数が増加する場面において、イベントやキャンペーン終了に合わせてリソースを縮小することができます。これをオンプレミスで行おうとすると、管理者の手でスケールアップを行ったり、自動化ツールの導入を検討しないといけなくなり手間がかかります。また、レンタルサーバの中にはオートスケールが可能なサービスが提供されているものもありますが、、サービスで提供されている範囲のみ実現可能で自由度は低くなります。

複製を用意に行うことが出来る

構築したインスタンスにおいて、AMI(Amazonマシンイメージ)を利用しコピーするからことができます。構築したインスタンスと同一のものを簡単に複製でバックアップとして利用したり、検証環境を作成することができます。オンプレミスで行った場合、スケーリングと同様で管理者の手が加わったり、自動化する場合は環境に合わせて自動化の方法を検討する必要があります。

セキュリティ対策を用途に応じて行える

セキュリティでは、ログイン履歴監視、ブルートフォースアタック対策、2段階認証などの機能を標準搭載しています。さらに、必要な権限の制限やアプリケーションの追加により、高いセキュリティを実現できます。Web サイトにおけるセキュリティ対策は必須と言えますが、Webサイトによって実施するセキュリティ対策は異なります。

例えば、ログインが必要な会員制のサイトにおいては、他要素認証、振る舞い検知などの高度なセキュリティ対策を実施する必要がありますが、その分、初期費用やランニングコストがかかります。一方で、情報提供を目的としたWebページで、サーバー攻撃を受けていた際のリスクが比較的低いWebサイトについては、基本的なファイアウォールの制御で対策することが多くあります。

上記のように、Webサイトの要件に沿ったセキュリティ対策を実施する必要がありますが、AWSでは様々なセキュリティ対策に関連したサービスが提供されており、必要に応じて簡単に利用することが可能です。

AWSで提供されている主要セキュリティサービスは以下の通りです。

可用性・信頼性

Webサイトを複数のインスタンスで運用し、ELB(Elastic Load Balancing)で様々な用途に応じてトラフィックを分散することで負荷を分散できます。負荷分散する際は、ELBが正常なものにのみリクエストを送信できるように、コンピューティングリソースのヘルス状態をモニタリングするヘルスチェックを設定でき、ダウンしているサーバーへの分散を防ぎます。また、オンプレミスのロードバランサーで一般的に搭載されているオフロード機能も実現することができ、負荷分散対象でSSL復号化処理の負荷を軽減することが可能です。

AWS以外でWord Pressを導入時のデメリット

Word Pressの導入でレンタルサーバーを利用した場合、費用は安く抑えられますがセキュリティ対策やスケーラビリティの観点からいうと、レンタルサーバーのサービスで提供されている範囲の機能でしか実現できません。オンプレミスのサーバーに構築する場合も、Word Pressの構築やサーバーの運用など利用者側で実施する必要があります。また、セキュリティ対策、スケーラビリティの仕組みを実現するためには、ファイアウォールやロードバランサーなどの高額なアプライアンスを用意し構築、運用する必要もあります。結果として導入費用と設備の維持費、運用工数などのランニングコストが他と比べかなり高くなりがちです。

その点、AWSでは様々な用途に合わせて簡単に利用できるサービスが数多く提供されているため、導入費用がほとんどかからず、サービスを上手に組み合わせて運用を自動化することが可能になります。

AWSでWord Pressを利用する際にかかるコスト

Word Pressを利用する場合、導入から運用まで各工程で発生するコストを見込む必要があります。使い方によっては、高コストになる可能性があるため、AWSのサービスをうまく組み合わせてコスト削減を行ったり、AWS請求アラートなどを利用して、一定の利用金額に達したら通知する仕組みを利用し常に監視しておくことも重要です。

導入

導入費用がオンプレミスの場合は、サーバー購入やセキュリティ対策、スケーリングを考慮する場合は、アプライアンスの購入が必要です。レンタルサーバーの場合は、オンプレミスと比較し、導入費用は抑えられますが前述した通り、セキュリティ対策やスケーリング機能が限定されます。AWSを想定することで、GUI操作で導入可能なため、アプライアンスを自前で用意は不要で、その分、初期費用を抑えることができます。

構築

インターネット経由でGUI設定が可能で、現地出張の費用が削減でき、専門知識を有した人員も設定に必要な数を抑えて確保でき人員費用も抑えられます。

運用

自動化する仕組みもAWSで数多く提供されているため、それらをうまく組み合わせることで運用工数の削減につながります。また、アクセス集中していた時に必要なだけリソースを自動で追加でき、オンプレミスのように事前に余分なリソースを確保する必要がないため、リソース確保の観点でも費用が抑えられると言えます。

さいごに

AWSを利用したWordPress導入は、様々なメリットがあることに触れてきました。他の導入方法と比較して、スケーラビリティやセキュリティ対策など要件に応じて自由に実装することができます。また、サービスをうまく組み合わせることで、導入から運用まで一貫してコスト削減をすることもできます。自由の高い環境構築とコスト削減を希望の方は、AWSによる構築を検討してみてはいかがでしょうか。

クラウドサーバー・セキュリティの事なら、私達にご相談ください。

Webサイトに必要なクラウド・CMS・セキュリティプラットフォーム「SiteCloud」を提供しています。豊富な知見を活かし安全なWebサイトの環境・管理・運営をご提案します。お気軽にご相談ください。

コーポレートサイトをクラウドでセキュアに

SuteCloudガイドブック

「SiteCloud」の詳しい内容が分かる資料をご用意しました。
  • コーポレートサイト構築・運用の課題を解決
  • SiteCloudの主な機能
  • 導入事例
  • 導入までの流れ

関連する解決策

最新記事

人気の記事

タグ

詳しい資料をご覧いただけます

SiteCloudのサービス内容を記載した資料をダウンロードできます。
SiteCloudの機能や事例が分かる
無料資料ダウンロード
             

【無料診断実施中】サーバーセキュリティ診断

経験豊富なセキュリティ専門技術者が、サーバーの状況を診断して、分かりやすい診断結果と今後の対応策をご覧いただけます。

無料サーバー診断申し込み
close